髭脱毛が失敗して毛嚢炎に!予防と対策は?

「髭脱毛したら毛嚢炎になった!」という人はたくさんいます。

もし毛嚢炎になったらどんな対策をとれば良いのでしょうか?

また予防には何が効果的でしょうか?

 毛嚢炎の予防と対策

  1. 毛嚢炎とは?
  2. 対策は?
  3. 予防は?

毛嚢炎とは皮膚の炎症のこと

髭脱毛などをすると少なからず肌へのダメージが生まれます。

例えば強力な出力で熱ダメージを与えるレーザー機器で脱毛をすると、肌に赤みが出たり軽い火傷のような状態になります。

毛穴のこうした傷に細菌が入り込むと炎症が発生してニキビのような症状になります。

この毛嚢炎は割と誰にでも起きてしまいやすいものです。

実際ある医療クリニックのホームページのQ&Aを見ても、そのリスクについては触れています。

ですから毛嚢炎になった時の対策とその予防についてある程度知っておくと良いでしょう。

対策にはクリニックのアフターケアを活用しよう

脱毛クリニックは医療クリニックなので、医師によるアフターケアを利用しましょう。

毛嚢炎は数日で自然治癒すると言われていますが、クリニックで脱毛しているのであれば気になる点は早めに解決するに越したことはありません。

医療機関は薬剤の処方が可能なので、必要に応じて抗生剤などの薬を処方してもらいましょう。

薬剤の処方で気をつけたい点!
定められた薬の用法と用量をきちんと守って使うこと

処方された薬がステロイド系のものであれば、過剰な塗布が肌の免疫を抑制しすぎて、結果細菌リスクを増やしてしまう恐れがあります

どうしても不安であれば他の病院でも検査し、セカンドオピニオンを求めることもできます。。

肌を清潔に保つことが予防の基本

毛嚢炎は雑菌による炎症です。

 毛嚢炎の予防

  • 肌を清潔にする
  • 入浴時に極端に肌を硬い素材のもので洗わない
  • 疲れやストレスをためすぎない
  • 規則正しい食生活、睡眠を意識する
  • 自己処理する場合電動シェーバーやカミソリなどを清潔にする

肌が不潔な状態にあるとそのリスクは高まります。

普段から肌の汚れなどはしっかりと落とし、細菌感染しにくい状態にすることが大切です。

入浴時に肌を硬い素材のもので洗うと、それで逆に肌が荒れてしまうことも考えられるので、あくまで適度な洗浄を心がけましょう。

疲労やストレスの蓄積によってやはり肌の状態が悪化することも考えられます。

毛嚢炎は誰にでも起こりうる肌の炎症です。

発症した後の適切なケアはもちろんのこと、発症しにくくするための予防措置も併せて重要です。

もし脱毛クリニックで施術しているのであれば、クリニックの医師によるアフターケアを積極的に活用しましょう。

こうした点を踏まえて適切に対処すれば、脱毛による肌へのリスクを最小限に抑えることができます。

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す